学習法⑵

学習法⑵

ヴェーダでは、「何であれ行いをする時、すぐに叶う結果としばらくしてから叶う結果の両方を考慮して行わなければならない」と教えています。 私たちが行いをすれば、必ず結果は返ってきます。 私が机を思い切り叩けば、私の手は机から同じ力で叩き返されます。 行いとその結果を結んでいる法則によって、結果は平等に実を結びます。 法則は間違えたりしないので、法則と呼ばれています。 各分野における最先端の技術は、すでにあったけれど知られていなかった法則を発見することで発展します。...
学習法

学習法

昨日は、アーユルヴェーダの古典に記載されている「学習法」を学びました。 アーユルヴェーダという生命科学を勉強する生徒の資質、学びを成功させるための心構えと態度、また、教わる先生はどのような人が相応しいかについて細かく書かれていました。 まず、アーユルヴェーダを含むヴェーダの聖典や古典は独学する事ができません。 例えサンスクリット語が読めたとしても、読み手は文脈からどうとでも解釈する事ができるので、本来の意味とは全く違った解釈になってしまうことがよく起こります。ましてや時代も文化も言葉も違えば尚のことです。...
月経周期

月経周期

月が満ちては欠けるように、潮が満ちては干くように、 私たちの身体も、排卵から月経へ、あるいは、明るい気分から暗い気分へ、 そして創造から内省へと、あるサイクルに基づき動いているのです。 そのサイクルの中間がおよそ排卵の頃なのですが、それは社交的なエネルギーに満ちている時期です。 しかし、月経が始まる直前になると、イライラしたり引きこもりたくなる気持ちをどうしても抑えきれず、 パートナーに強く当たってしまったり、人との関わりを避けようとまでするかもしれません。 <生理学> 参考図書 ウーマンズヨガブック...
皮膚の健康

皮膚の健康

アーユルヴェーダ 【皮膚の健康のために積極的に取り入れたいもの】 ・消化しやすく、栄養になりやすい食事(鍋料理など) ・苦味のあるもの ・古米 ・乾燥地の動物の肉 ・ムング豆 【皮膚トラブルをお持ちの方は避けたほうが良いもの】 ・消化に重いもの(ステーキ、シチュー、ピザ、お寿司、揚げ物など) ・酸味、塩味の強いもの ・牛乳、ヨーグルト、チーズ ・湿気のある土地の動物の肉、魚 ・砂糖の摂り過ぎ ・ゴマ(種、油)の摂り過ぎ ・ケチャップ、トマト、ドレッシングの摂り過ぎ ・添加物の多いもの、酒、タバコ ・デンプンの多い食事...
ベビーマッサージ

ベビーマッサージ

赤ちゃんのうちからオイルマッサージを行うと ・皮膚を丈夫にする ・成長を助ける ・スキンシップにより、情緒の安定を促す といった効果があります。 赤ちゃんはまだ喋ることが出来ませんが、お母さんが赤ちゃんの顔を見ながらマッサージをすることはとても良いコミュニンケーションになります。 お母さんは、日中に一人で赤ちゃんの世話をしていると誰とも会話をすることありませんので、ベビーマッサージでコミュニケーションをとることは赤ちゃんだけではなく、お母さんにとっても良いことです。...
摂食障害

摂食障害

摂食障害はダイエット中に始まります。ダイエットをしなければ始まりません。 「女性は痩せているべき」と現代社会が要求するため、10代の少女の多くが拒食症、過食症、強迫性過食症に陥っていると批判する専門家がいます。 母親が過度に娘の体重や魅力を気にして、父親も娘の外見に批判的な場合、その娘は摂食障害を患う可能性が高いという研究結果もあります。...