うがい

うがい

アーユルヴェーダ(インド地方の伝統医学)では、うがいのことをガンドゥーシャと呼びます。 直訳すると「full of mouth」で、薬剤を口に含む事を意味します。 口に含むものは水やお湯だけではなく、太白ゴマ油、温かいミルク、ハチミツ、甘草(リコリス)などハーブの煎じ液、薬用酒です。 <効果> 歯を丈夫にする、老化の影響で歯が早く抜け落ちないようにする、声が良くなる、味覚を良くする、歯茎がしみないようにする、皮膚のひび割れを治す、顔のシワを取り除く、口内炎を治す、歯周病、知覚過敏、口内細菌を排出、風邪予防、口臭予防、顎関節症...
クラス休講のお知らせ

クラス休講のお知らせ

火曜日に予定しておりました由比ヶ浜公会堂でのヨガクラスはコロナウイルス感染拡大の予防措置の為、休講です。 今後の様子を見ながらクラスの再開を検討したいと思います。
クラス休講のお知らせ

クラス休講のお知らせ

本日、腰越行政センターからコロナウイルスの感染拡大防止措置として集会を控えるようにとの連絡がありました。 その為、腰後行政センターでの3月5日木曜日のヨガクラスは休講となります。...
入浴について

入浴について

アーユルヴェーダでは、毎日入浴することは心臓と血液組織に良く、消化力や精力も上げると伝えています。 お仕事のストレスや疲れをプライベートな時間に持ち込まないためにも、帰宅後は手や口だけではなく、足を洗うと驚くほどリフレッシュできるので、ぜひ一度やってみてください! そして、入浴を避けるべき時は「食後すぐ」です。 消化が妨げられることは、様々な体調不良の原因の一つです。 また、熱すぎる温度で入浴をすると、視力・髪の毛・血液組織・心臓・生殖組織に悪い影響を与えるので気をつけましょう。...
飲酒

飲酒

アーユルヴェーダの古典では飲酒について以下の様に記述しています。 飲酒をする前に、水浴して体をきれいに気分も爽やかにして、天然の良い香りをまとい、気に入った服を着て、宝飾品などできらびやかに装いましょう。部屋にお花を飾るなどして気持ちの良い雰囲気作りをして、友人たちとリラックスした楽しい雰囲気の中で質の良いお酒を気に入った器で飲みましょう。 これは、お酒には喜びや楽しさ等の感情を倍増する作用があるので、飲酒がもたらす心身への良い影響を最大限に得る為の準備です。...
眼の健康法

眼の健康法

アーユルヴェーダでは、特定の行為や生活習慣だけではなく、飲食物や精神状態が眼に及ぼす影響について教えています。 意外な行為があるので面白いですよ。 <眼に悪い行為> ・喫煙(鼻から煙を出す) ・体が熱くなっている時に急に水に潜る(サウナ+水風呂?) ・過剰な発汗 ・酸味の強い飲食物(酒も含む) ・豆類や芽の出た穀物 ・心配事や悲しみ ・激しく泣く、あるいは全く泣かない ・しゃがみこんで座る ・足に合わない靴を履くこと ・強い光をを見たり、細かいものを見ること  ...