運動と労働

運動と労働

「運動」は自発的に体を動かすことを楽しむ、「労働」は無理を強いられても負荷に耐えるというイメージです。 運動も行き過ぎると労働になり、活性酸素を増加させ健康を害するので要注意です。 最近は過酷なレースが流行っているようで「3日間通して山を駆け抜けるんだ!」とイキイキした表情で語ってくれた人がいました。 しかし、アーユルヴェーダでは「運動を過度に行うと、ちょうど象を引きずるライオンのようにたちまち破滅に向かう」と記されています。つまり寿命を縮めてしまい兼ねないのです。...
認知症・アルツハイマーの予防

認知症・アルツハイマーの予防

認知症予防には運動が一番です。 特に太ももを使った運動が効率的。 太ももは一番筋肉量が多い部位なので代謝を上げたいなら、太ももを使ったスクワットやヨガなら椅子のポーズがおすすめです。 膝が痛い人は椅子に座ったままでもできる、足上げや腿上げなどでも良いでしょう。 コルチゾールの増加が認知症の原因の一つと言われていますが、運動をすることでコルチゾールが減少するという研究結果が出ています。 そして、運動をすると海馬と呼ばれる脳の一部が活性化します。海馬は記憶力を司るエリアだそうですよ。...