自分の身体を小宇宙にたとえてみましょう。

月が満ちては欠けるように、潮が満ちては干くように、

私たちの身体も、排卵から月経へ、あるいは、明るい気分から暗い気分へ、

そして創造から内省へと、あるサイクルに基づき動いているのです。

そのサイクルの中間がおよそ排卵の頃なのですが、それは社交的なエネルギーに満ちている時期です。

しかし、月経が始まる直前になると、イライラしたり引きこもりたくなる気持ちをどうしても抑えきれず、

パートナーに強く当たってしまったり、人との関わりを避けようとまでするかもしれません。

<生理学>

ほとんどの人は月経は子宮で始まると思っていますが、実はそうではなく、月経は目の奥深くに隠れている「松果体」から始まるのです。

この小さな涙型の分泌腺は、光の明暗に反応し睡眠を助けるメラトニンというホルモンを作り出します。

「松果体」は、日々浴びている自然光と人口光の量を記録してそれに反応するだけでなく、季節的な変化にも反応し、月経を始めるように視床下部に指令を出すということです。

視床下部は内分泌系の非常に繊細な部分で、脳の感情中枢近辺に存在しており、感情の変動や身体的病気から影響を受けます。

参考図書 ウーマンズヨガブック


月経前に満月を見るとスムーズに月経が迎えられると話していた友達がいましたが、あながち嘘ではないようですね。

それと、学生時代に「月経中の友達に触ると月経が移る」と言って移し合いっこをしていたことを思い出しました。

自分と周囲の女性達との間に月経という強い結びつき(つながり)があることを、自然と受け入れていたのでしょう。

普段、私達は自分と自然とを切り離して捉えがちです。

「全体の中で生かされている」という事実を忘れ、生きていることがあたかも個人の力(お手柄)であるかのように錯覚します。(木を見て森を見ていない)

自然界とのシンクロを感じられる月経という仕組み一つとってみても、あまりに見事で美しく完璧なサイクルです。

個人のお手柄で作り上げたものだなんて誰がいえるでしょうか。

自然の力が私たちの身体や考えに余すところなく働いています。

月経の周期を尊重することは、自然の周期を尊重することです。

個人の私を生かしている自然の力に敬意を払うことは、

個人の私が自然そのものであることを知るための第一歩なのです。