運動と労働

運動と労働

「運動」は自発的に体を動かすことを楽しむ、「労働」は無理を強いられても負荷に耐えるというイメージです。 運動も行き過ぎると労働になり、活性酸素を増加させ健康を害するので要注意です。 最近は過酷なレースが流行っているようで「3日間通して山を駆け抜けるんだ!」とイキイキした表情で語ってくれた人がいました。 しかし、アーユルヴェーダでは「運動を過度に行うと、ちょうど象を引きずるライオンのようにたちまち破滅に向かう」と記されています。つまり寿命を縮めてしまい兼ねないのです。...
認知症・アルツハイマーの予防

認知症・アルツハイマーの予防

認知症予防には運動が一番です。 特に太ももを使った運動が効率的。 太ももは一番筋肉量が多い部位なので代謝を上げたいなら、太ももを使ったスクワットやヨガなら椅子のポーズがおすすめです。 膝が痛い人は椅子に座ったままでもできる、足上げや腿上げなどでも良いでしょう。 コルチゾールの増加が認知症の原因の一つと言われていますが、運動をすることでコルチゾールが減少するという研究結果が出ています。 そして、運動をすると海馬と呼ばれる脳の一部が活性化します。海馬は記憶力を司るエリアだそうですよ。...
歯ぎしりに…

歯ぎしりに…

黒ごま水でうがいをすることで「歯ぎしり」に効果があるそうです。 市販の黒ごまを大さじ1杯すりつぶし、水に入れます。 「うがい」といってもブクブクするのではなく、口が風船のように膨らむほど目一杯に含んで保持します。 5分〜10分程度したら吐き出して口をゆすぎます。 歯ぎしりだけではなく、動揺にも良いそうです。 歯ぐきや歯がキュッキュと引き締まり、口の中の滑りが取れるのでスッキリします。...
眼精疲労には、ローズウォーターでアイパック

眼精疲労には、ローズウォーターでアイパック

目には熱がこもりやすいので、パソコン作業などで目をよく使う人は、1日の終わりに冷やして沈静させると良いですよ。 疲れ目にお勧めの簡単セルフケアのご紹介です。 仰向けになり、ローズウォーターをたっぷりした浸したコットンを目に当ててしばらく放置(5〜10分)します。 視界がクリアになり、白目の部分がまるで赤ちゃんの青みがかった白目のように綺麗になります。 【お勧めのローズウォーター】 ケンソー国産ハーブウォーター 無農薬栽培ローズ花弁粉末...
ビワの葉エキス

ビワの葉エキス

うっすら風邪をひいて喉がイガイガするので、ビワの葉エキス(チンキ)でうがいをしています。  これなら子供も嫌がらずにうがいをしてくれるので、助かります。 お陰で、ひどくなる前に治まってきました。ホッ…  インドの古い仏典などにビワは大変優れた薬効を持ち、生きとし生けるものの万病を治す植物として登場します。 日本でも古くは奈良時代には、ビワの葉の療法が行われていたことがわかっています。 効用は、咳止め、胃のもたれ、あせもや湿疹、火傷や虫刺され、擦り傷など皮膚疾患にも効果があるそうです。  ...