Day1

前途多難

出発前のお父さんからの言葉が頭から離れない

「新築でも住み始めていろいろ不具合が出てくるものだけど、始めから心配があるような家じゃ大変だな…」

悪いところばかりが目につき、絶望

「国立へ帰りたい…」

Day2

お隣さんのドーベルマン2匹に吠えたてられビビりまくる。

「ホエちゃん」と娘が命名

Day3

夕方、気晴らしに散歩をしていたら、ご機嫌なおばさんが犬を散歩していて、「もも公園はどこですか?」と尋ねたら「猫の額ほどの公園だよ、それより屋上の景色を見せてあげる!」と目の前の古くて小さなマンションの屋上に連れて行ってくれた。

鎌倉山のてっぺんからの景色は天空女になったような気分だった。

気分が晴れて、心配もふっとんだ♪

Day4

朝日を浴びながら、すがすがしい表情の息子氏「今日、ついに◯◯(よくからかわれていた宿敵の同級生)を言葉と空手でぶっ倒す夢を見たよ」と、夢の中で念願を果たした報告を受け、息子らしさに思わず吹き出す。

Day5

学校まで徒歩30分、コープまで徒歩30分という環境なので、バス通学申請とコープ宅配の申し込みを済ませ、明日からの学校生活がどうか良きものとなりますように鶴岡八幡宮にて祈願。。。